フィンランド語の教材ここならあります!

フィンランド語の教材を探しているならこれ!

フィンランド語の教材ってなかなか見つかりませんよね。しかも、実践的なものであればなおさらです。

この教材(と言っていいのか)は、そんなあなたのための実用的会話集。

数字、時間、挨拶、確認という超基本から、空港での出入国手続き、ホテル、宿泊、移動、レストランという最低必要な会話が詰まった会話集になっています。

ちなみにフィンランド語とはこんな言語です。出典元wikipedia

アーコセット(Aakkoset,英語のアルファベット)の文字は A~Z までの26文字に Ä、Ö を加えた全28文字(但しスウェーデン語のものを表す時稀に使われるÅ を加えれば29文字)だが、B・C・F・Q・W・X・Z はほとんど使用されない。シャ行を表すš が使用されることもある。例は、šekki(シェッキ、切手)など。尚、特殊文字が表記できないワープロソフトの場合、ドイツ語やスウェーデン語では、ä を ae と表記する事もあるが、フィンランド語においては ää のように連続して同じ母音が使用されることがあるので、このような措置は採られず、通常通り aa と表記して、単語や母音調和で読む時に判断する。R は歯茎ふるえ音で、舌先を振動させて「ラ」行を発音する。アーコセットの発音は、原則一つの発音であり書かれたとおりに母音で区切って読むのが基本である。

詳しくはこちらからどうぞ。

フィンランド語

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする