よいスクールと教材の見分け方

よい教材の見分け方って難しいですよね。

でも、どのような教材を選ぼうが、大事なことが1つだけあるんです。

それは

サポートが重要

ということです。

具体的には 「分からないことを教えてくれるか?」 が全てであると言っても過言ではありません。

例えばあなたがアメリカに一人で旅行したとした場合、そのときどうなるか想像できますか?
間違いなくものすごく心細くなります。

理由は誰も助けてくれない状況で、かつ日本語が一切使われていない環境だからです。

もちろん、

  • 日本の食物もない
  • 電話のかけ方もわからない
  • 電話の場所もわからない
  • なんの保証もない
  • 日本の常識が通じない

という環境です。

これは心細い。

そもそも言葉が話せないと赤ちゃん以下の位置づけです。

とにかくそういう目で見られると覚悟しておいたほうがよいです。

でも、言葉が話せなければ馬鹿にされて当然なんですよね。これは外国でなくても同じです。

このことは、 外国にいる日本人なら皆わかるはずで、こういう環境を想像してみてほしいと思います。

英語を話すということは、 こういう環境で英語を話すことということです。

では、そのとき、 あなたに手をさしのべてくれるのは誰でしょうか?

外国人でしょうか? もちろん中には親切な人もいるかもしれませんが、まぁ、さしのべてくれないのです。

だから、あなたを手助けしてくれる人が絶対に必要というわけです。

  • 「こういうとき、どう言えばいいですか?」
  • 「こういうとき、どうすればいいですか?」
  • 「どうすればもっと効率的に学べますか?」

といった相談に乗ってくれる人がいる、そういうサポートがあるのでしたら、どんなスクールでも教材でもよいと思います。

そのあたりも含めてスクールや教材を選択するとよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする