絶対役に立つ。名刺交換時の英語でのやり取り

いきなり外人とのMtgの場がセッティングされました。通訳が付いてくれることになりましたが、さすがに名刺交換くらいは自分でやらなきゃならないです。

そんな時に役立つ表現をご紹介します。

絶対役に立つ。名刺交換時の英語でのやり取り

image

外人との打ち合わせが決まりました。これはちょっと困りましたね。

先方も英語ができない人と理解はしてくれているとは言え、とりあえず名刺交換くらいはできるようにしておきたいものです。

自分の名前を伝えましょう

まずはなにはともあれ名刺交換時に自分の名前を伝えます。

これは万国共通です。

こんな感じでOKです。

Hello, I’m taro yamada from Apple inc.

(こんにちは、私はリンゴ会社のやまだたろうです。)

名乗るだけじゃなくて、呼び方もあわせて伝えちゃいましょう。

Please call me Taro.

(私のことはたろうと呼んでください)

余裕があれば、相手の呼び方も聞いちゃいましょう。

What should call you?

(あなたのことはなんて呼べばよいでしょうか?)

仕事の内容を伝えましょう

名前を伝えることができたら、自分の仕事の内容を伝えましょう。

I work at a computer company. I sell software on the internet.

(私はコンピュータ会社で働いています。そして、インターネットのソフトを販売しています)

会社が分かっていることが常ですので、

I’m technical support engineer.

I’m sales person.

などと、自分のやっている具体的な仕事内容を伝えればよいです。

握手をしましょう

日本人はあまりなじみがないですが、外人は当たり前のように握手をします。

あいさつの締めくくりは握手を求めながら、

It’s nice to meet you.

(よろしくお願いします)

としましょう。

お疲れさまでした。

後は通訳に任せましょうw

別れ際の挨拶も忘れずに抑えておきましょう

会議がうまくいったか、いかなかったは分かりませんが、最後の挨拶もしっかりして締めましょう。

It was nice meeting. See you later.

(今日はあえて良かったです。また、お会いしましょう)

まとめ

どうですか?このくらいなら何とかなりそうですね。

別に流暢に話せる必要はありませんが、このくらいは言えるようにしておくだけでも相手の印象はかなり違うと思います。

何度か繰り返して場数を踏めば自然になってきて、英語が話せるんじゃないのか?と思わせるくらいのところまでは行けると思います。

ほかにもいろいろな表現はあります。でも、一定のトークを身につけておくことで余裕ができるのでとりあえず自分なりの名刺交換時のコミュニケーション方法を確立させておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする