お疲れ様です、って英語で言えますか?

よくある疑問として挙がってくるのが、日本語にあって英語にない表現。

「お疲れ様です」ってどのように表現すればよいのでしょうか。

image

日本人が良く使うけど英語にない代表的なものとして

「お疲れさまでした」

「お世話になっております」

があります。

さあ、どうしましょう。

そもそも、アメリカやヨーロッパにはこういった表現が存在しません。

というのも、人の移動が多い地域であるという歴史の中では、失礼であるかないかというものよりも、安全な人間であるかどうかと言う方が重要だからと言われています。

なので、HiやHmとかで、表現自体はなんでもいいわけです。

それよりも、怒ってないですよが、安心してください、安全な人間ですよ、ということを相手に伝えることが重要視されるんです。

変な代替の英語表現を考えるよりも、シンプルにHiだけで、笑顔を見せることを意識した方がいいわけです。

あと、日本人特有のPleaseの連発も実は注意が必要です。

Pleaseをつければ何でも丁寧になると思われがちですが、使い方によっては強い言い方になってしまうことがありますので、注意してくださいね。

次の記事では、日本人が良くやってしまう間違った表現を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする